矯正歯科(歯並び治療、歯列矯正)

ホワイトワイヤーとセラミックブラケット、およびカラーモジュール 矯正歯科認定医の資格を持つ矯正の専門医が、歯並びの治療を担当しています。
お子様のみならず、成人の方の歯列矯正も行っています。

料金はトータルフィーですので、新たに矯正装置が入ることになった際でも、初診時に御説明した料金以上に金額がかかることはありません。
永久歯列期から矯正歯科治療を始めた場合、技術料、装置料で約72万円が必要ですが、前歯には目立たないセラミックブラケットを標準で使用しています。
また、親子、御兄弟で治療をされる場合は、割引制度も設けております。

この他、デーモン、マウスピース矯正(クリアアライナーなど)、ムーシールド、ホワイトワイヤー、カラーモジュール、リンガルなど、各種矯正装置や歯並び治療法に対応しています。

上顎前突症例の治療例

上顎前突症例の治療例

矯正歯科のQ&A

小さい時から、歯列矯正の治療をした方がいいのでしょうか?
同じように見える歯並びでも、その方によって、顎の骨格や歯列の形が異なるため、矯正装置の種類や治療の開始時期は異なってきます。
一般的には、かみ合わせが悪かったり、顎の成長に悪影響を及ぼしそうな場合は、小さい時から歯並びの治療を始めた方が良いとされていますが、歯の生えかわり具合によっては、少し待った方が良い事もありますので、一概にどの時期から始めると良いとは言えません。
歯は抜くのでしょうか?矯正治療の期間は?
先に述べたように、歯列矯正の治療のやり方は、その方によって異なります。治療法の選択肢それぞれに、特徴がございます。
矯正歯科治療についてのご希望をお聞きした上で、精密診断後を行い、歯を抜く必要性や期間について詳しくご説明させていただきます。
矯正治療はどういう流れになっていますか?
矯正診療日に、ご相談のご予約をおとりになって下さい。相談料は無料です。
その後、治療をご希望の場合は、精密診断を行い、具体的な治療方法(装置や期間、費用など)について、診断結果をご説明させて頂きます。実際に装置が入るのはその後になります。
また、矯正した方が良いかどうかお悩みの場合は、前もって院長より、治療の必要性について診てもらうこともできます。
治療費は?
その方によって異なります。精密診断後に確定します。
お支払い方法は、数年に分けての分割でも、手数料はかかりません。また、矯正の治療費も、確定申告時に医療費控除の対象となります。
<< 審美歯科・ホワイトニング | main | 小児歯科 >>