【院長】 歯学博士・鈴木宏昭

大学医局員時代は補綴学(なくなったものを補う学問)を専攻し、歯を失った方へ、つながった金属の冠をかぶせたり、入れ歯を入れる治療を学びました。
今は、インプラント(人工歯根)などの新しい治療法で、歯を失っても以前に比べるとずいぶん咬めるようにはなってきました。しかし、やはりいつまでも自分の歯で咬める喜びは何物にも代えがたいものです。

「いつまでも咬める喜びをあなたへ」

歯が痛くなったり、ぐらついたりしてから慌てるのではなく、歯が痛くならないように、ぐらついたりしないように、お気軽に、歯科検診や予防処置を受けて頂けたらと思っております。
               院長 鈴木宏昭
院長

鈴木宏昭
歯学博士
日本補綴学会 会員
日本接着歯学会 会員
日本糖尿病協会 歯科医師登録医
院長鈴木宏昭
<< 【矯正歯科担当医】 矯正歯科専門の認定医です | main | 審美歯科・ホワイトニング >>