マタニティチェック〜赤ちゃんを虫歯にさせないために

3歳までにミュータンス菌に感染しなければ、永久歯が虫歯になる確率は1/10になると言われています生まれてくる赤ちゃんのために、マタニティチェック(検診)を受けませんか?

3歳までにミュータンス菌に感染しなければ、永久歯が虫歯になる確率は1/10になると言われています。 生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には、ミュータンス菌は存在しません。これは皆、ママやパパから移ってくるのです。

もしママがミュータンス菌をたくさんもっていると、離乳食を与える際などに「唾液」をとおして、赤ちゃんに感染してしまいます。ミュータンス菌の感染時期を遅らせれば、遅らせるほど、子どもが虫歯になる確率が少なくなってくることがわかっています。ミュータンス菌は感染させない、あるいは感染年齢を出来るだけ遅くすることが、子どもの虫歯予防につながります。

口腔内には常在菌がいますので、無菌にはできませんが、健全な状態の細菌層でいることが大切です。ママやパパになったら、ご自分のお口の中の悪玉菌であるミュータンス菌の数を減らし、一定レベル以下に抑えるよう、ケアすることが大切です。

ママやパパになったらご自分の虫歯は、しっかり治して、赤ちゃんへの感染を防ぎましょう少なくとも、ママやパパになったらご自分の虫歯は、しっかり治しておきましょう。
また、自分自身が虫歯にならないように、歯ブラシは毎回きちんと行う、フッ素入り歯磨き粉を使用する、だらだらと間食や甘味入りのドリンクをとらない、ガムを食べるのならキシリトール入りのものにする、などにも気をつけましょう。

ご希望の方は、マタニティチェックの際に、細菌や唾液の検査も行えます。これにより、ご自分の唾液の性状(虫歯のなりやすさ)や、細菌数もチェックすることができますよ。
<< ブライダルケア〜綺麗な白い歯で結婚式を | main | たばこと歯周病の関係 >>