糖尿病、心内膜炎、肺炎と虫歯や歯周病との関係

インプラントでも入れ歯でに審美歯科でも、小さな虫歯や、歯周病に至る前の歯肉炎をきちんと治すところから始めなくてはなりません。土台や基礎がきちんとしていないところに、大きな家は建てられないものです。さらには、全身的にも健康でないと、お口の中の健康も保てません。

全身と口や歯との関係例えば、糖尿病の方は、歯周病をきちんと治すことで、病状が改善することが知られております。また、糖尿病が悪化すると、歯周病も悪化します。

虫歯がひどい場合、虫歯菌(ストレプトコッカス)によって心内膜炎を併発する例もあります。

高齢者でよくみられる誤嚥性肺炎も、その多くは、食べ物や入れ歯などではなく、口腔内に存在する微生物が誤嚥されることが原因です。

鼻炎で口呼吸される方も、特に上顎前歯の歯肉が腫れて、若い方でも慢性的で、重度な歯肉炎を引き起こすことは、日常よく見られることです。

身近なところでは、喫煙も最悪です。喫煙者の歯肉は一見腫れておらず健康に見えますが、局所の慢性的な血行不良により、歯肉は繊維化しメラニン色素が沈着して黒ずみ、内部では歯周組織の破壊をまねき、重度の歯周病になっていることも多々あります。

当り前のようですが、お口の中の健康を保つには、タバコは吸わない、毎食後きちんと歯ブラシをして歯周病菌や虫歯菌の温床を作らない、特に鼻炎の方は普通の方以上にお口の中を清潔にしておく、そして、三食きちんと栄養のバランスのとれた物を食べ、ゆっくり休んで体をいたわる、適度な運動をすることが必要です。
そして、小さな虫歯や、歯周病にいたる前の歯肉炎も放っておかないで、歯医者さんできちんと治す!ことが重要です。

たばこと歯周病の関係

タバコと歯周病、一見何も関係ないように思えますが、実は、歯周病を悪化させる一番の危険因子は喫煙です。

着色した歯ぐきヘビースモーカーの方の歯ぐきは、歯周ポケットの検査で出血は少ないのですが、歯ぐきは繊維化して固く黒ずんでいます。これはニコチンによって末梢血管が収縮するためです。歯周病の治療を行っても、喫煙者は症状がなかなか改善されません

また、さらに糖尿病や心臓疾患の持病がある場合は、深刻です。歯周病が重傷になるばかりでなく、糖尿病も悪化し、心筋梗塞を起こす危険性も非常に高くなります。

お子様のいるご家庭内での喫煙も、非常に問題があります。他の人が吸ったタバコの煙を吸い込む事を、受動喫煙といいます。お子様は体重が少ないため、少ない量の煙でもニコチンの血中濃度はすぐに高くなってしまい、体にとって非常に有害な状態になってしまいます。

喫煙は歯周病を悪化させ、体にとって非常に有害です女性の場合は、受動喫煙でも体内でビタミンCが破壊され、皮膚の繊維質を増すため、「しわ」の原因になってしまいます。

依存症になっていると禁煙はなかなかつらく、意志の力が必要と思ってはいらっしゃいませんか?実は、必要なのは「意志」ではなく「医師」なのです。ニコチンパッチを処方してもらうことにより、楽に禁煙できるようになりました。
タバコを吸う貴方も禁煙にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 | 1 / 1 PAGES |