残念ながら歯を失ってしまったら

根が残っている場合は差し歯にすることが可能ですが、残念ながら、歯を失ってしまった場合には、ブリッジ、入れ歯、インプラントの中から、治療法を選択することになります。

それぞれの治療法に一長一短があり、お口の中の状態によっても選択肢は変化してきます。また、保険の使える治療法と、使えないものとがありますので、患者様のお悩みとご希望を十分お聞かせ頂いた上で、治療に入らせて頂くようにしています。

  インプラント 入れ歯 ブリッジ
審美性
噛む力
口内衛生
耐久性
(合わなくなりやすい)

(両隣の歯に負担がかかる)
歯を削らなくてすむ
(必要なこともある)
×
(両隣の歯を削る)
違和感を感じない ×
(違和感を感じる)

(違和感は少ない)
顎骨がやせない ×
(骨がやせやすい)

(骨がやせる事もある)
要手術
(抜歯程度)
×
(いらない)
×
(いらない)
保険診療 ×
(保険外)

(見映えが良いものは保険外)

(見映えが良いものは保険外)
治療に要する期間 1〜2カ月
(AQBインプラント)
数週間 2〜3週間
 
ブリッジ
入れ歯
インプラント

インプラント(人工歯根)

インプラント(人工歯根とは)

歯がなくなった歯根にあたる部分に、人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工の歯をかぶせる治療法です。
顎の骨にしっかりと固定されるインプラント治療なら、これまでの治療法と異なり、発音や咀嚼機能(咬むこと)はもとより、見た目も自分の歯と変わらないくらいに、向上します。
鈴木歯科医院で行っている1回法の場合は、小さな手術が1回で済み、およそ1〜2ヵ月で、歯槽骨でしっかり維持されるようになり、その後、上に人工の歯の冠をかぶせます。

インプラント治療の流れ

インプラント術前

検査、術前計画

レントゲンで十分な診断を行い、十分な説明を受け、納得して頂いた上で、治療を開始します。
矢印

インプラントの手術

インプラント植立の手術

顎の骨にしっかいと固定されるまで、1〜2ヵ月待ちます。
矢印

インプラントに冠が入りました

人工の歯の取り付け

しっかりとした土台ができたら、人工の歯を上にかぶせます。
矢印

メインテナンス

インプラント治療後は、アフターケアをしっかりと。正しい歯ブラシを行い、半年に一度は定期検診を受けて下さい。

インプラント治療のQ&A

インプラントの素材は何ですか?
インプラントは生体親和性の高いチタンという材料でできており、骨とのなじみをさらに良くするために表面処理が施されています。チタンは人工関節など、さまざまな分野で使用されています。
誰でも治療を受けることができますか?
年齢に上限はありません。しかし、心臓病や糖尿病などの疾患がある人や、妊婦の方、また、顎の骨の状態などによっては、受けられない場合もあります。
手術の痛みはどの程度でしょうか?
通常は局所麻酔したで行われますので、手術中はほとんど痛みはありません。手術の時間は、30~120分程度です。
治療費はどのくらいでしょうか?
本数や種類、被せ物の種類によって異なります。健康保険は適用されておりませんが、医療費控除の対象になっています。
どのくらい持ちますか?
長持ちをさせるには、歯科医院でのメインテナンスと、ご家庭で十分なお手入れをすることが重要です。歯ブラシはもちろん、歯ぐきの健康状態や正しい咬み合わせのチェックをするため、半年に一度は定期検診を受けて下さい。

予防歯科

歯周病もむし歯も細菌感染が原因です。
― 適切にケアすることにより、感染を予防することができます ―

iconこんな症状ありませんか?
お口の中のチェック事項

悪いところは放置せずにきちんと治療を行い、治療終了後も定期的に歯科健診を受け、病気が再発しないレベルに細菌数をコントロールして予防していくことが非常に大切です。少なくとも1年に1〜2回、定期検診のために受診できればベストです。

口の中をチェックして、ご自分の歯ブラシだけでは落とせない歯石や着色など(細菌バイオフィルムはご家庭では落とせません)を、綺麗にお掃除し、お口の中のメインテナンスを行い、歯周病や虫歯の予防を行ってゆきましょう。PMTC(プロが器械で行う歯のクリーニング)をお勧めします。
鈴木歯科はスタッフ全員歯科衛生士なので、定期検診の際には、適切にアドバイスさせていただきます。
PMTC(歯のクリーニングの用具)PMTC(歯のクリニーング)を行うと、歯はピカピカになりますフッ素入り歯磨き粉で、歯が丈夫になります

また、歯科医院のみならず、ご家庭での生活習慣も大切です。お子様の場合は、間食の取りすぎ、成人の場合は歯周病と全身の状態との因果関係もあります。
やはり歯科においても、規則正しい食生活や生活のリズムが、虫歯や歯周病の予防に非常に重要なのです。体を健やかに保つことによって、お口の中の健康も保たれます。
ご家庭でのケアと歯科医院でのメンテナンスと上手に組み合わせて、いつまでも自分の歯でかめる喜びをめざしましょう!

PMTC(プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング)

PMTCとは、Professional MechanicalTooth Cleaningの略で、歯科医師や歯科衛生士などの専門家により、色々な器具やペーストを用いて、歯面とその周囲の歯垢を除去する方法のことです。

「食べたら歯を磨きましょう」、誰もが子供の頃から耳にタコができる程、聞かされた言葉かと思います。もちろん、ご自身による歯磨きは、何と言ってもプラークコントロール(歯の汚れの除去)=虫歯や歯周病予防の基本中の基本です。

近年、「虫歯や歯周病はある特定の細菌によっておこされる」ことがわかってきました。つまり、それらの細菌を口の中から追い出せばいいということになります。さらに、これらの細菌の塊=プラークは、「細菌バイオフィルム」であることもわかってきたのです。

バイオフィルムこの「細菌バイオフィルム」とは、「多種多様の細菌が複雑にからみあって、きわめて安定した集落を作り、一種の共棲関係になるような状態」をいいます。このフィルムは、細菌が分泌するネバネバする多糖体に守られ、強力に歯に付着するため、歯ブラシではなかなか取り除くことができません
つまり、歯の表面には、歯ブラシではどうしても落とせない頑固な汚れがあるのです!

PMTCは、このバイオフィルムをはがし取る最も能率的かつ効率的な手段と考えられています。
つまり、PMTCをすると、まず歯の表面がツルツルして気持ちがいいいし、虫歯や歯周病の予防になり、結果、歯の寿命も延びることになります。
また、「歯医者さんですることは痛いこと」というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、PMTDは全く痛くありません! PMTCの特徴は、爽快感と快適さにあります。

日常は、御自身によるセルフケア(歯磨き)を! そして、半年に一度は定期検診&プロフェッショナルケア(PMTC)をお勧めいたします。
PMTC

小児歯科

小児歯科小児歯科では、お子様に恐怖心を植え付けないようにすることが大切です。、麻酔を無痛的に行って、できるだけ痛くない様に治療を進められるよう心がけています。

保護者の方も含め、コミュニケーションをとり、お子様なりに納得して治療を受けてもらい、頑張った時にはご褒美を差し上げています。

永久歯が虫歯にならないよう、予防が大切ですので、歯磨き指導ならびに、フッ素塗布を定期的に受けられることをお勧めいたします。
キッズ待合室 定期的に歯磨き指導と、フッ素塗布を受けましょう

矯正歯科(歯並び治療、歯列矯正)

ホワイトワイヤーとセラミックブラケット、およびカラーモジュール 矯正歯科認定医の資格を持つ矯正の専門医が、歯並びの治療を担当しています。
お子様のみならず、成人の方の歯列矯正も行っています。

料金はトータルフィーですので、新たに矯正装置が入ることになった際でも、初診時に御説明した料金以上に金額がかかることはありません。
永久歯列期から矯正歯科治療を始めた場合、技術料、装置料で約72万円が必要ですが、前歯には目立たないセラミックブラケットを標準で使用しています。
また、親子、御兄弟で治療をされる場合は、割引制度も設けております。

この他、デーモン、マウスピース矯正(クリアアライナーなど)、ムーシールド、ホワイトワイヤー、カラーモジュール、リンガルなど、各種矯正装置や歯並び治療法に対応しています。

上顎前突症例の治療例

上顎前突症例の治療例

矯正歯科のQ&A

小さい時から、歯列矯正の治療をした方がいいのでしょうか?
同じように見える歯並びでも、その方によって、顎の骨格や歯列の形が異なるため、矯正装置の種類や治療の開始時期は異なってきます。
一般的には、かみ合わせが悪かったり、顎の成長に悪影響を及ぼしそうな場合は、小さい時から歯並びの治療を始めた方が良いとされていますが、歯の生えかわり具合によっては、少し待った方が良い事もありますので、一概にどの時期から始めると良いとは言えません。
歯は抜くのでしょうか?矯正治療の期間は?
先に述べたように、歯列矯正の治療のやり方は、その方によって異なります。治療法の選択肢それぞれに、特徴がございます。
矯正歯科治療についてのご希望をお聞きした上で、精密診断後を行い、歯を抜く必要性や期間について詳しくご説明させていただきます。
矯正治療はどういう流れになっていますか?
矯正診療日に、ご相談のご予約をおとりになって下さい。相談料は無料です。
その後、治療をご希望の場合は、精密診断を行い、具体的な治療方法(装置や期間、費用など)について、診断結果をご説明させて頂きます。実際に装置が入るのはその後になります。
また、矯正した方が良いかどうかお悩みの場合は、前もって院長より、治療の必要性について診てもらうこともできます。
治療費は?
その方によって異なります。精密診断後に確定します。
お支払い方法は、数年に分けての分割でも、手数料はかかりません。また、矯正の治療費も、確定申告時に医療費控除の対象となります。

審美歯科・ホワイトニング

ホワイトニング歯の色が悪い、形が悪いとお悩みの方には、審美歯科をおすすめします。

矯正治療は、歯そのものを骨の中で動かして歯の位置を変えていくのに対して、審美歯科は、歯の位置自体はかわりませんので、ほんの数回の治療ですみます。(歯の根の位置が悪い場合は、前処置として部分矯正をおすすめすることもあります。)

審美歯科の方法としては、まずPMTC(プロが行う歯のクリーニング)、ホワイトニング(歯の漂白)、ラミネートベニア(歯の表面に付け爪のようなシェルを貼り、色と形を整える)、セラミッククラウン(白い冠を被せて、色と形および歯のわずかの位置修正)、などの方法があげられると思います。

当医院では、ホワイトニングはホームブリーチングを採用していますので、ご家庭で気軽に歯科医院専用のお薬を使って、歯を白くすることができます。

歯に冠を被せる場合は、どんな材料を使うのかによって、色味や硬さ、金額などが異なってきます。それぞれのやり方について御説明させていただきますので、ゆっくりお考えになってお決めになって下さい。

セラミッククラウンの治療例

セラミッククラウン

ラミネートベニアの治療例

ラミネートベニアとセラミッククラウン
 | 1 / 1 PAGES |